検討中の方におすすめ!iDeCoを使った資産形成術を解説

iDeCoは、今からできる豊かな老後生活を送るための資産形成方法

iDeCoを活用しての資産形成をするために知っておきたいこと

「iDeCo」個人型確定拠出年金とは、平成13年に施行された確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金制度のことです。 法改正に伴い平成30年5月までに順次施行され、加入できる条件が大幅に緩和されました。 豊かな老後を送るための新たな選択肢のひとつです。

「iDeCo」にはどんなメリットがあるのでしょう

自分で選択できる「iDeCo」個人型確定拠出年金には多くのメリットがあります。それをうまく運用していくことで将来の生活に潤いをもたらせることも可能です。 所得税や住民税の控除や運用益の非課税、受け取る際の受給金も控除の対象となるなどの税金が軽減されたり、運用益によって受給金のアップ等があります。

誰でも「iDecO」に入るべき?

多くのメリットのある「iDeCo」個人型確定拠出年金ですが、必ずしもメリットばかりではありません。今は入るべき時期ではない場合もあります。 現在や今後の自分のライフステージを考えたうえで、自分にとってメリットがあるのか、資産形成方法として合っているかどうかを検討しましょう。

「iDeCo」個人型確定拠出年金とはどんなものでしょう。

人生100年時代に向けて、長い老後をどのように迎えるのか不安に思っている方も多いのではないでしょうか。
やはり、今からできる備えを一つでも多くと考えている方には「iDeCo」個人型確定拠出年金は、その選択肢として有効なものといえるでしょう。
掛け金が全額所得控除となり、運用益も非課税になるのも大きな魅力のひとつです。
そして、年金として受け取ることも、一時金として受け取ることも(金融機関によっては年金と一時金を併用して受け取りも可能)出来るうえ、受け取り時の税金の控除対象となっています。
平成30年5月の施行で加入条件が緩和された為、加入できる方の対象が大きく広がりました。それぞれの年金の加入区分によって掛金の上限が設けられていますが、上限を超えなければ掛け金の額は少額から自分で決められるのも良い点のひとつではないでしょうか。
貯蓄や国債などと違い、掛金を運用管理機関を通じて自分で運用していくので、自分自身で運用商品を選んで購入します。必要に応じて運用商品の変更も可能ですので、うまく運用できれば運用益も大きくなりますが、リスクも考える必要があります。
受給開始年齢も60歳からと定められていて、それまでは基本受け取ることはできません。受給開始時期も加入していた期間によって変わります。
「iDeCo」は将来の為の有効な資産形成ではありますが、受給開始の60歳にならないと受け取れないことや自分で運用商品を選択するなどを考慮し、自分の現在のライフステージを加味しながら検討していく必要もあります。